宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県香南市(赤岡町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、地震。津波により、高知県の被害は死者1,844人、行方不明926人、家屋の全壊5,608棟、流失11,167棟。高知市の東部で最大2mの沈下。(「日本の地震活動」による) 赤岡町周辺の被害については、「高岡家文書」によると、「赤岡、汐は在所残りなし、流家三ヶ一」「手結の津波は山まで打ち寄せ」などと記されており、海岸部は津波に洗われたことが分かる。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では西暦(グレゴリオ暦)で示しているが、和暦で表記した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
赤岡町史編纂委員会編「赤岡町史 改訂版」(赤岡町史編纂委員会、2008年)、516-518頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者 地盤沈下 高岡家文書
NO.
高知74

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午後1時前後に大地震が発生し、その後津波が来襲して、被害は甚大となった。南路志によると、各地の被害の状況は以下のとおりで... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日午前11時過ぎに大地震が起こり、午後1時過ぎから津波が襲来した。大津波は翌5日晩まで12度押し寄せた。土佐国の被害は流家... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、近畿、東海、四国、中国、九州に及ぶ史上最大の地震が発生した。全地域で潰家29,000個、死者4,900人を出した。津波... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の上刻(午後2時)、土佐国中で大地震が起こり、郡市の官舎・民屋の多くが倒壊して人畜の死傷多数であった。また、未の下刻(... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、地震、津波が起こった。夜須地方の被害は激甚であり、常住寺の住職頼秀が物語った「大地震の大変記」によると、4日四ツ時(午... 続きを読む