昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県香南市(赤岡町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、地震が発生した。地震動と津波による被害は県下全域に及んだ。足摺岬では0.6m、室戸岬では1.27m地盤が隆起し、港の水深が浅くなり、船の出入りが困難になった。逆に、高知市や須崎町では地番が1.2m沈下して水田15平方キロメートルが海面下に没した。香南地方の被害は死者3人、負傷8人、家屋の倒壊43棟、半壊247棟、浸水60棟、道路決壊35箇所、田畑浸水23町などに及んでいる。(「南海大震災誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
赤岡町史編纂委員会編「赤岡町史 改訂版」(赤岡町史編纂委員会、2008年)、516-518頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 地盤隆起 地盤沈下
NO.
高知76

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖でM8.1の地震が発生し、津波が襲来した。被害は中部日本以西の全県下にわたったが、特に県下の被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖でM8.1の地震が発生し、津波が襲来した。被害は中部日本以西の全県下にわたったが、特に県下の被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖大地震が起こり、その後津波が来襲した。室戸・足摺岬では地盤が隆起し、その他では地盤が沈下した。被... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道沖でM8.1の大地震が発生した。愛媛県の被害は県下一円に及んだが、特に周桑郡の壬生川町・国安村... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震による地盤沈下の被害は、小豆郡では山が海岸まで迫っているため小さい。それでも被害は家屋の破壊134戸、浸水... 続きを読む