大正元年の台風

災害年月日
1912年08月23日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)8月23日、大時化となった。死者は出なかったが、全半壊の家が多く、被害を受けない家はなかった。被害者には御下賜金があった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
佐喜浜郷土史編集委員会編「佐喜浜郷土史」(佐喜浜郷土史編集委員会、1977年)、410-411頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1625

よく似た災害

明治29年の台風

明治29年(1896)、大暴風雨で御下賜金があった。 続きを読む

大正7年9月の台風

大正7年(1918)9月14日朝、台風が土佐湾を北上し、紀伊水道から大阪付近に上陸後、日本海に抜けた。県全域が暴風雨となり、各地に甚大な被害をもたらし... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日から23日にかけての暴風雨により出水し、被害は死者1人、家屋等の全壊7棟、流失1棟、半壊とひどい破損8棟、道路の流失4箇... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、弓削町では被害を受けなかった家は皆無と言っても過言ではないほど多くの被害をこうむった。被害は住家の... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日、23日の大暴風雨は雨量394ミリの大豪雨で、倒壊家屋は数戸あったが、奈半利川の堤防に被害はなかった。 続きを読む