大正元年の台風

災害年月日
1912年00月00日
市町村
高知県室戸市
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)、大時化により、津寺大師堂の屋根が飛ばされた。写真1枚。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
山本武男編「写真集 室戸」(国書刊行会、1980年)、90頁
情報源の種類
写真集
キーワード
室戸台風 津寺大師堂 写真
NO.
高知1635

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日暁、暴風雨により瀬津の名氏神社の屋根が飛び、山伏嶽大師堂がいたんだ。 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日暁、暴風雨により瀬津の名氏神社の屋根が飛び、山伏嶽大師堂がいたんだ。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、安芸郡が最も被害を受けた。この時の風速25m/秒、雨量は394ミリとなった。安芸町以東の小学校は全... 続きを読む

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、大風雨により高松城内殿様の御居間の屋根が吹き飛ばされた。 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)8月23日、台風が夜須付近に上陸し、東部は暴風雨、高潮となった。安芸郡で死者33人、家屋の全壊1,854戸、半壊1,240戸、大破... 続きを読む