大正9年の台風

災害年月日
1920年07月27日
市町村
高知県香南市(香我美町)
災害種類
風水害  
概要
大正9年(1920)7月27日、台風により、香宗川は氾濫し、赤岡町江見橋から上流堤防10間、岸本・徳王子堤防約20間、香宗川戸閘堰が決壊した。徳王子・岸本平野は湖水となり、出穂期の早稲・中稲が大被害を受けた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
香我美町史編纂委員会編「香我美町史 下巻」(香我美町、1993年)、513頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 香宗川 堤防決壊 徳王子 岸本
NO.
高知1644

よく似た災害

昭和21年6月の集中豪雨

昭和21年(1946)6月、集中豪雨により、香宗川の堤防が決壊した。徳王子・岸本平野は水没し、出穂期の水稲は収穫皆無になった。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日午後2時35分頃、枕崎台風は鹿児島県枕崎付近に上陸し、さらに北東進して広島付近を経て山陰に抜けた。台風による豪雨で、香... 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月15日~17日、暴風雨により、妙谷川橋が流失、中山川が決壊し、家屋流失、周桑平野1,000町歩が湖水となった。(西条市自然災... 続きを読む

明治38年の台風

明治38年(1905)8月15日~17日、暴風雨により、妙谷川橋流失、中山川決壊し、家屋流失、周桑平野1,000町歩が湖水となり、北条新田90戸、30... 続きを読む

明和2年の台風

明和2年(1765)8月2日~3日、大暴風雨により、大洪水と高波が押し寄せ、堤防が決壊、町は浸水し、流出家屋が散乱した。また、8月8日も暴風雨の来襲を... 続きを読む