明治19年の洪水

災害年月日
1886年08月21日
市町村
高知県香南市(野市町)
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月21日、9月10日、17日、24日と連続的な暴風雨により、物部川の西岸竹ヶ端堤防約100間、東岸仁尾島堤防約150間が決壊し、深渕村の田地が押し流された。これを契機として、物部川事件が発生した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
野市町史編纂委員会編「野市町史 下巻」(野市町、1992年)、866-867頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 物部川 堤防決壊 物部川事件
NO.
高知1658

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風により、物部川が西岸竹ヶ端堤防で約100間(182m)、東岸仁尾島堤防で約150間(273m)が決壊、深渕村の田... 続きを読む

明治25年の洪水

image

明治25年(1892)7月23日~25日の暴風雨により、物部川橋付近の堤外地が押し流され、東岸では十善寺の深渕神社地が流出した。また、西岸三島村の堤防... 続きを読む

明治9年の洪水

明治9年(1876)、物部川で久枝井堰の上方西岸堤防約100間が決壊した。 続きを読む

明治19年の洪水

明治19年(1886)9月10日の洪水により、物部川の堤防が西岸の竹が端で300間、東岸の仁尾島で150間決壊した。濁流は、西岸では立田、田村、物部、... 続きを読む

明治32年の洪水

明治32年(1899)7月7日~9日の暴風雨により、物部川の西岸竹ヶ端の堤防約100間が半決壊し、堤防裏が残存したのでこの方面の被害はなかったが、下流... 続きを読む