安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県香美市(香北町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、大地震が起こった。土佐全体で死者372人、負傷者180人、家屋の焼失2,500戸、流失3,200余戸、全壊3,000余戸、半壊9,000余戸に及んだ。「天地の間の事覚附」には、「11月5日7ツ時より、御城下は申すに及ばず、西東浦々町々は大いたみ、其の時津波うちこみ、浦々御城下共におびただしく人家おおいたみ」などと記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
香北町史編さん委員会編「香北町史」(香北町教育委員会、2006年)、97-98頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 津波 死者 天地の間の事覚附
NO.
高知81

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震の後、津波が襲来した。上岡八幡宮の参道入口にある津浪の碑には「嘉永七年寅十一月五日大地震地所よりしつみ浦々人家流... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海大地震により、高知城下の地盤の沈下量は推定1.2mに及んだ。 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時、大地震が起こった。この日はすこぶる穏やかな無風の日で、3日前から海潮に変化が起こって毎日スズ波が続いていたがこ... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日夕申の刻より地震が発生し、御城郭の破損箇所は多かったが、潰込みの場所はなかった。その後、18日まで度々余震が続いた。(「... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日7ツ半、地震が起こった。「春秋自記帳」によれば、小半時激しい震動があり、人々は竹やぶに避難した。夕方には津波が計11回襲... 続きを読む