天和3年の洪水

災害年月日
1683年08月12日
市町村
高知県香美市(土佐山田町)
災害種類
風水害  
概要
天和3年(1683)6月20日、物部川は大洪水となり、川筋の小田島から南へ久枝の付近まで立家は全部流失した。このため、山田島は東岸の片地村林田のうち、岸田に全戸屋地取りをして移動し、小田島も夢野に移り、岩積はほとんどの家が低地から西の高い所へ引き移った。(「山田村庄屋谷甚十郎所蔵年代記」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐山田町史編纂委員会編「土佐山田町史」(土佐山田町教育委員会、1979年)、386頁及び828頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 物部川 谷甚十郎所蔵年代記
NO.
高知1712

よく似た災害

天和3年の洪水

天和3年(1683)、物部川の大洪水により、小田島、岩積、山田島が流される。 続きを読む

天和3年の洪水

天和3年(1683)、洪水により、小田島、岩積、山田島が流された。(物部川の主な洪水の歴史による) 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月、物部川で「亥の大変」と呼ばれる大災害があり、山田堰下流の両岸はほとんど決壊したという。 続きを読む

大正4年の洪水

大正4年(1915)6月24日、梅雨による洪水のため、山田堰の右岸部損壊、堰裏から小田島堤防まで61間半壊。 続きを読む

大正6年の台風

大正6年(1917)10月10日22時、台風が田野に上陸し、徳島、和歌山を通った。県内の雨はほとんど1日で終わり、雨量は200~100ミリで多少の被害... 続きを読む