寛政7年の洪水

災害年月日
1795年10月11日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
寛政7年(1795)8月29日、洪水が天神橋南詰の堤防を破って家を流して死者を出した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知市史編纂委員会編「高知市史 上巻」(高知市、1958年)、560頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 天神橋 堤防破壊 死者
NO.
高知1740

よく似た災害

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)8月2日~3日の大洪水により、平島村大京原の堤防60間余が押し破られ、付近の田畑に侵入して家を流した。 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)9月17日、大洪水により、常通寺島野藤ノ宮で堤防が決壊、続いて岩瀬川の堤防が決壊し、国分川の濁流は岩瀬川から江村を襲い、一本セン... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月1日、連日の激雨により、横川(横河原)の堤防が決壊し、洪水は人家を流し、田畑を潰すなどした。(「相原日記」による) 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月1日、暴風雨出水。各地方の堤防を破壊し、家屋、橋梁を流失させた。田畑の損害、死傷者多し。(宮崎家資料による) 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)7月1日、連日の豪雨により横河原の堤防が決壊し、洪水が人家を流し、田畑を潰した。これほどの洪水は数十年来稀有のことであった。(見... 続きを読む