昭和47年7月の集中豪雨

災害年月日
1972年07月04日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
昭和47年(1972)7月4日~6日、集中豪雨。高知市の被害は小さかったが、土佐山田町繁藤で1日742ミリの記録的な集中豪雨により追廻山で高さ80m、幅170mにわたり山崩れが発生し、消防団員、地元民60人を巻き込んだ。高知県下の被害は、死者58人、負傷者3人、家屋の全半壊13戸、床下浸水649戸、床下浸水2,235戸に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知市史編纂委員会編「稿本 高知市史 現代編」(高知市、1991)、196頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 繁藤災害 死者
NO.
高知1760

よく似た災害

昭和27年の集中豪雨

昭和27年(1952)7月3日、集中豪雨により水田冠水、床下浸水、がけ崩れ等の被害。7月10日にも集中豪雨。 続きを読む

平成10年の集中豪雨

image

平成10年(1998)9月、集中豪雨により、波介川流域の被害は浸水面積377ha、家屋の床上浸水11戸、床下浸水59戸に及んだ。 続きを読む

昭和47年9月の集中豪雨

昭和47年(1972)9月8日夜~9日朝の集中豪雨により、香宗川と烏川が氾濫し、浸水状況は7月の集中豪雨を上回った。大谷地区は7月に続いて龍河洞スカイ... 続きを読む

昭和36年の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧による集中豪雨により、鴨島町では全壊14戸、半壊17戸、床上浸水146戸、床下浸水1,224戸、非住... 続きを読む

昭和47年9月の集中豪雨

昭和47年(1972)9月、集中豪雨により、住家の床上浸水186世帯、床下浸水375世帯の被害が出た。野市町に災害救助法が適用された。 続きを読む