享保12年の火災

災害年月日
1727年03月23日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
享保12年(1727)2月1日午の下刻(午後1時)、越前町から出火し、西南の烈風にあおられ、火は数條に分かれて東方に延び、高知城では三の丸、二の丸、本丸など延焼した。焼失戸数は侍屋敷205戸、町方1,163戸、郷分397戸であった。また、翌2日未の下刻(午後3時)越前町から出火し、郭中は帯屋町の一部、鷹匠町の一部を残して他は全焼し、町方は昨日焼け残った竪掘から唐人町雑喉場に至るまで全て焼失し、さらに潮江村の農家290戸を延焼した。焼失戸数は侍屋敷187戸、町方1,304戸、郷分325戸であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知市編「高知市史」(名著出版、1973年)、85頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 越前町 高知城
NO.
高知1768

よく似た災害

享保12年の火災

享保12年(1727)2月1日午の下刻(13時)城西・越前町・伊野辺方より出火、西南烈風にあおられ火は東方に延び、高知城の本丸にまで延焼した。1日の焼... 続きを読む

延享3年の火災

延享3年(1746)12月6日、中須賀から出火し、上町から南町に延焼した。焼失家屋は城下2,185軒、郷分256軒で、焼死者55人であった。 続きを読む

享保12年の大火

享保12年(1727)2月1日午後、小高坂村越前町から出火し、たちまち東方に延焼し、火は城中の本丸、二の丸、三の丸など城楼全てを焼失し、侍屋敷250軒... 続きを読む

享和2年の火災

享和2年(1802)12月30日朝四ツ時(10時)、細工町から出火し、西風烈しく山田町、廿代田、蓮池町、紺屋町、新堀、菜園場、農人町、新町、鉄砲町を通... 続きを読む

宝暦6年の火災

宝暦6年(1756)12月28日、中須賀から出火し、上町及び郭中金子橋まで延焼した。火災後、井口の町を全部杓田に移し、新井口町と称する。焼失戸数等は不... 続きを読む