宝暦6年の火災

災害年月日
1757年02月16日
市町村
高知県高知市
災害種類
火災  
概要
宝暦6年(1756)12月28日、中須賀から出火し、上町及び郭中金子橋まで延焼した。火災後、井口の町を全部杓田に移し、新井口町と称する。焼失戸数等は不明。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知市編「高知市史」(名著出版、1973年)、86頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 中須賀 新井口町
NO.
高知1770

よく似た災害

宝暦6年の火災

宝暦6年(1756)12月28日、中須賀より出火、上町及び郭中金子橋まで延焼、火災後井口の町家全てを杓田に移し新井口町(しんち)と称す。(「高知市史」... 続きを読む

天明6年の火災

天明6年(1786)2月2日正子の刻(夜半)、追手筋北会所西脇から出火し、追手筋、帯屋町、本町、中島町の大半、南町の全部を焼失した。これを会所焼と称す... 続きを読む

享和2年の火災

享和2年(1802)12月30日朝四ツ時(10時)、細工町から出火し、西風烈しく山田町、廿代田、蓮池町、紺屋町、新堀、菜園場、農人町、新町、鉄砲町を通... 続きを読む

宝暦2年11月21日の火災

宝暦2年(1752)11月21日夜4ツ時(午後10時頃)、桶屋町(富田町)で大火が起こり、竈戸数300余戸が焼失した。(「住友氏文書」による) 続きを読む

明治22年の火災

明治22年(1889)旧正月2日正午頃、東浜の西端から出火し、東浜・法恩寺の大部分を焼き尽くして鎮火した。焼失戸数400余戸、焼死1人。 続きを読む