寛政4年の台風

災害年月日
1792年09月12日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
寛政4年(1792)7月26日、暴風雨により、城内、北の天守が落ち、大杉多く倒れる。本丸の千貫松が倒れたのもこの時である。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知市編「高知市史」(名著出版、1973年)、89頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高知城天守閣 千貫松
NO.
高知1777

よく似た災害

万治2年の風雨

万治2年(1659)9月20日、大風雨により、岩崎堤防が決壊して中村町の人家はほとんど流失し、家財道具が安並の石見寺山麓まで流れた。八面宮と天神社の下... 続きを読む

宝暦6年の台風

宝暦6年(1756)9月、暴風雨。鴨島町牛島付近に「監物堤」が築かれたのはこの年であり、藍作農民の暴動五社宮事件がもくろまれたのもこの年であった。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日から激しい暴風雨となり、加茂村荒川山では死者51人、家屋の流失60人となった。西之川山では山崩れがあり、西之川鉱山の小... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風が豊後水道を北上し、隠岐へ抜けた。猛烈な暴風雨で、巨松が多く倒れる。 続きを読む

寛政4年の風雨

寛政4年(1792)7月26日、大風雨により、6,200余軒破損、死者81人(「御家年代略記」による)。暁霞村史によると、国内の家損15,466軒、損... 続きを読む