天保7年の洪水

災害年月日
1836年09月12日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
天保7年(1836)8月2日、洪水により杓田の堤が決壊し、井口、小高坂、江ノ口などに大水。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知市編「高知市史」(名著出版、1973年)、90頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 杓田 堤防破壊
NO.
高知1779

よく似た災害

天保7年の洪水

天保7年(1836)8月2日、洪水により杓田の堤が決壊し、井口、小高坂、江ノ口方面が浸水し、橋梁5箇所が流失した。 続きを読む

天保7年の風雨

天保7年(1836)8月3日、大風雨、洪水。西江ノ口関破壊し、井口、小高坂、江ノ口大水となり、座上舟を乗るに至る。 続きを読む

天保7年8月の風雨

天保7年(1836)8月3日、大風雨、洪水により、円満寺橋、常通寺橋共流れ。(「御家年代略記」による)高知市史には「2日杓田水神堂の西江ノ口堰を破壊し... 続きを読む

宝暦7年の洪水

宝暦7年(1757)、大風、洪水により、河川の堤防が決壊し、家屋の倒壊、死者が多かった。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」などによる) 続きを読む

明治6年の洪水

明治6年(1873)10月2日、洪水により広島裏の手の堤防及び笹木野北地弁蔵前の堤防が決壊した。洪水防御のため、住吉新田の農民が出役した。 続きを読む