昭和45年の台風10号

災害年月日
1970年08月21日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)8月21日、台風10号が幡多郡佐賀町に上陸し、高知市内では満潮時と重なり、市街地の半分が浸水。また、瞬間最大風速54mを記録し、自動車が吹き飛ばされて仰向けになった。(写真3枚)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知・まちと人の100年101人委員会編「写真集 高知市・まちと人の100年」(高知・まちと人の100年101人委員会、1989年)、238-239頁
情報源の種類
写真集
キーワード
台風 満潮 写真
NO.
高知1785

よく似た災害

昭和33年の強風

昭和33年(1958)12月26日~27日、日本海で低気圧が急速に発達し、高松で最大風速19m、瞬間最大風速27m、多度津で最大風速20.8m、瞬間最... 続きを読む

昭和45年の台風20号

昭和45年(1970)8月21日、台風20号が佐賀町に上陸した。足摺で瞬間最大風速46.8mを記録した。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が襲来し、午後8時40分に松山測候所では瞬間最大風速42mを記録した。 続きを読む

昭和33年12月の強風

昭和33年(1958)12月26日朝、低気圧が日本海に入り急速に発達し、午後に風速が増大し、夕刻頃が最も強くなった。高松では最大風速19.0m/秒、瞬... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町に上陸し、四国を縦断し日本海に抜けた。瞬間最大風速は室戸で64mを記録した。仁淀村内では倒木の被害... 続きを読む