宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県香南市(野市町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、M8.4の地震が発生。有史時代最大の地震と言われ、土佐国内で亡所浦61、半亡所浦4、流家11,067軒、壊家5,608軒、破損家1,772軒、損田45,170石、死傷1,760人等と記録されている。「山田家文書」によると、地割れや家の倒壊で死ぬ人、目まいで死ぬ人、山崩れで死ぬ人があり、また、怠慢な人、不幸な人、山が遠い人は大津波にのまれて死んだことなどが記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
野市町史編纂委員会編「野市町史 下巻」(野市町、1992年)、872-874頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 死者 山田家文書
NO.
高知96

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)の地震により、足摺岬周辺は沈降したことが示されている。この報告では、足摺岬について、史料及び隆起生物遺骸の調査を行い、1707年宝... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の上刻(14時頃)、猛烈な地震が起こった。亥の大変と言われている。地震後に大津波が来襲し、土佐の沿岸は大惨状を呈したと... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震により、南国市の南部一帯は高潮による海水の流入により大被害を受けた。谷陵記には「物部三ヶ一亡所廿四人死、上田村在... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、南海道沖と東海道沖でM8.4の二つの巨大地震が発生した。土佐の国では大地震と大津波によって、山崩れ、崖崩れ、地割れ、液... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、南海道沖と東海道沖でM8.4の二つの巨大地震が発生した。土佐の国では大地震と大津波によって、山崩れ、崖崩れ、地割れ、液... 続きを読む