寛政4年の洪水

災害年月日
1792年09月12日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
寛政4年(1792)7月26日、大洪水により高知城下で人家損害6,200余軒、死者81人の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史」(仁淀村、1969年)、396頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 死者
NO.
高知1821

よく似た災害

寛政4年の洪水

寛政4年(1792)7月26日、大洪水により高知城下で人家損害6,200余軒、死者81人の被害が出た。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日~22日、豪雨、大水により、中津、吹で人家流失10軒、崩壊のため下影、野住、西ノ浦、馬越で半壊家屋9軒、道路大破損、12... 続きを読む

文化12年の洪水

文化12年(1815)7月6日、仁淀川の大洪水により、堤防が決壊し、人家の流失181戸、死者83名の被害が出た。亥の大変という。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、洪水のため、県下で死者114人、行方不明20人、家屋の全壊1,132戸などの大きな被害が出た。重信川でも大きな被害が出た。... 続きを読む

寛政7年の洪水

寛政7年(1795)8月29日、大洪水により、天神橋南詰の堤が切れ、人家流失、死者あり。 続きを読む