昭和38年の大雪

災害年月日
1963年01月00日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
雪害  
概要
昭和38年(1963)1月から3月にかけて、積雪日数が69日となり、泉のような高地は6mも積もり、家屋の危険を生じて、屋根の除雪作業を行った、この降雪による森林被害は3,325万円であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史」(仁淀村、1969年)、396頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
高知1823

よく似た災害

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月から3月にかけて、積雪日数が69日となり、泉のような高地は6mも積もり、家屋の危険を生じて、屋根の除雪作業を行った、この降雪... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月1日より、雪が連日連夜降り続き、中山中学校の校庭では最大積雪深が80cmとなった。国道町筋では除雪車が運行して交通の回復をは... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月7日から27日まで、八幡浜・西宇和・東宇和地方では空前の長期降雪が続き、積雪量は30cmに達し、農作物は大被害を受けた。夏柑... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月9日から27日まで長期間にわたる大雪で、積雪量は30cmに達し、農作物は大被害を受けた。夏柑は農家の除雪作業の効もなく19日... 続きを読む

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月7日から27日まで、八幡浜・西宇和・東宇和地方で空前の長期降雪が続き、積雪量は30cmに達し、農作物は大被害を受けた。夏柑は... 続きを読む