昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月24日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月24日、台風が豊後水道を北上した。21日~24日の雨量は長者1,024ミリ、越知782ミリ、池川1,010ミリとなり、森の滝脇橋流失。(仁淀川誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史 追補」(仁淀村、2005年)、30頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1835

よく似た災害

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号が四国南方海上を北北西に進んだ。2日間の雨量は長者835ミリ、池川692ミリに達し、仁淀川は大洪水となった。仁... 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号が四国の南端をかすめた。6日~8日の雨量は越知で675ミリ、長者で653ミリ、池川で574ミリとなり、仁淀川は... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸した。雨量は長者364ミリ、名野川339ミリ、別府295ミリとなり、県内の被害は死者・行方不明... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風が枕崎に上陸し、米子に抜けた。雨量は長者607ミリ、池川432ミリに達し、仁淀川は大洪水となった。仁淀村では... 続きを読む

昭和6年の洪水・地すべり

image

昭和6年(1931)9月26日、台風が九州をかすめ、仁淀川で洪水、長者で地すべりが起こった。(仁淀川誌」による) 続きを読む