昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号が宿毛市に上陸した。時間雨量は佐川町で108ミリ、池川町で74ミリを記録し、仁淀川上流を中心に記録的な集中豪雨となった。特に池川町では人家や家畜が流失するなど未曾有の大災害になった。伊野町、日高村など県下で死者は77人に達した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史 追補」(仁淀村、2005年)、33頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 仁淀川 集中豪雨 死者
NO.
高知1843

よく似た災害

昭和31年の台風9号

昭和31年(1956)8月17日、台風9号が九州西方海上から日本海へ北東進した。本県では16日夜半から暴風雨になり、雨は中部、西部の山間部で150~2... 続きを読む

昭和40年の豪雨

昭和40年(1965)9月15日、前線が北上中の台風24号に刺激されて県下全体に豪雨となり、午後2時に池川町では1時間雨量が50ミリを越して、仁淀川は... 続きを読む

昭和50年の台風6号

昭和50年(1975)8月22日、台風6号により、護岸洗掘、堤防決壊、高水敷流失。(土器川の主な洪水の歴史による)/台風6号により、満濃町では乙井橋が... 続きを読む

大正6年10月の台風

大正6年(1917)10月10日午後、台風が大隅半島をかすめて日向灘に進み、土佐湾から紀伊半島に向かったため県全域が暴風雨となった。特に東讃地方が暴風... 続きを読む

昭和32年の台風10号

昭和32年(1957)9月6日、台風10号の来襲により、戻川橋が流失するなど田畑に大きな被害が出た。(西条市自然災害年表による) 続きを読む