明治23年の水害

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月11日の大雨で、仁淀村森の奥合(おくごう)神社の拝殿や民家が流失した。奥合神社の棟札には以下のように記録されている。「明治23年陰暦7月21日、7月27日大降雨之際本社拝殿共流失、潰以谷下ニ而本家壱棟小家五棟流失損」。なお、太陰暦7月27日は太陽暦9月11日に当たる。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
掛水一公著「昔のはなし 仁淀村の歴史発見」(仁淀村・仁淀村教育委員会、2003年)、205頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 水害 奥合神社の棟札
NO.
高知1846

よく似た災害

明治30年の水害

明治30年(1897)9月27日~29日、連日の大降雨により、水害。 続きを読む

寛政4年の水害

寛政4年(1792)7月19日、板野地方大水害、堤防数箇所破損し、大豆皆無同様、稲五分作、神社の倒木田畑川成も多く、いずれの神社も秋祭礼ができず。(「... 続きを読む

明治25年の水害

明治25年(1892)、宍喰川のあめやばりの堤が切れて、正梶の田が流失し、宍喰川橋が流失した。 続きを読む

明治23年の水害

明治23年(1890)9月10日から降り始めた雨は11日も続き、新荘川の水量は平水より2丈余の高水となり、堤防が決壊して田畑、人家を押し流し、一夜にし... 続きを読む

明治8年の水害

明治8年(1875)、宍喰川のさいれきの堤が決壊して、中角の田の大半が流失した。 続きを読む