宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県南国市
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震と津波。「田村誌」によると、津波は前浜の東、古湊の切戸を押し切って大潮が北上して、伊都多神社の前から東の窪まで来た。このため、人々は大藪の中に畳や筵を敷いて過ごしたり、立田村や岩村の辺りまで逃げたものもあるという。また、「立田村誌」によると、竹が端堤防が切れて田畑が残らず荒れ地になるなど、立田村の損害は大きかった。また、津波は村の堺まで来た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
南国市編纂委員会編「南国市史 下巻」(南国市、1982年)、134-135頁及び196-198頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 津波 田村誌 立田村誌
NO.
高知100

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午の刻、地震が発生し、これに伴い津波が起こり、前浜の東の古湊の切戸を押し切って大潮が北上して伊都多神社の前から東の窪まで... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日午の刻(正午)より揺れはじめ、これに伴い津波が起こり、前浜の東、古湊の切戸を押し切って大潮が高く北上して、伊都多神社の前... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、大地震と海嘯。津波は伊都多神社の前まで来たという。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日辰の刻に強震があり、津波が起こり、第2震があった。第2震の時の津波は高く、立田近くまで寄せてきたという。立田村の人々は山... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震が起こった。世に亥の大変という。下の加江にはこの地震に関するいくつかの伝承が残されている。布の西光寺の裏に「つる... 続きを読む