天保12年・13年の台風・洪水

災害年月日
1841年00月00日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  
概要
天保12年(1841)と天保13年(1842)にわたり大暴風雨や大洪水が起こり、その上ウンカが発生した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
難波誠一著「仁淀村長者郷土誌」(仁淀村教育委員会、1963年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水
NO.
高知1855

よく似た災害

天保4年の長雨

天保4年(1833)、長雨が降り続き、その上害虫が発生して稲作と雑穀は収穫皆無となった。 続きを読む

享保17年の長雨

享保17年(1732)5月20日から7月上旬まで雨降り止まず、次いでウンカが発生した。物価が騰貴し、飢饉となり、享保17年11月19日に藩が幕府出した... 続きを読む

享保17年の多雨

享保17年(1732)7月、多雨が降り続き、ウンカ大発生し、稲田収穫皆無。 続きを読む

昭和3年の山火事

昭和3年(1928)2月、強風が起こり、大川郡東部で山火事が発生した。 続きを読む

昭和18年の洪水

昭和18年(1943)7月、肱川の大洪水により、大洲盆地で大氾濫が起こり、死傷者131人、流失家屋554戸、床上浸水6,940戸など未曾有の被害が発生... 続きを読む