宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県香美市(土佐山田町)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、地震(M8.4)が発生した。高野文書によると、国中損失流家11,067軒、壊家5,608軒、破損家1,762軒、損他45,070石、死傷1,760人であった。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では西暦(グレゴリオ暦)で示しているが、和暦で表記した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐山田町史編纂委員会編「土佐山田町史」(土佐山田町教育委員会、1979年)、839-840頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
宝永地震 高野文書 死者
NO.
高知106

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海地方から九州東部に至る間で大地震が発生した。四国沖と東海道沖の2つの地震が同時に発生したとも考えられている。高知県... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の刻(午後2時)、大地震が起こった。万変記によると、「大地2、3尺に割、水湧出、山崩、人家潰事将棋倒を見るが如し」であ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震。土佐国では大潮、伊予道後温泉は没して出なくなった。(別枝の中越律氏所蔵の「宝永年中大地震筆記写」による)また、... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震。土佐国では大潮、伊予道後温泉は没して出なくなった。(別枝の中越律氏所蔵の「宝永年中大地震筆記写」による)また、... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日13時45分頃、東海道沖と南海道沖でM8.4の地震がほぼ同時に発生し、その後津波が襲来した。土佐藩が幕府に提出した報告に... 続きを読む