安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県香美市(土佐山田町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日、地震(M8.4)が発生した。記録(土佐古今の地震、香北町史、高知県天災年表)によると、死者372名、負傷者180名、焼失家屋2,500軒、流失家屋3,200軒、壊家3,000軒、半壊家屋9,000余軒に及んだ。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐山田町史編纂委員会編「土佐山田町史」(土佐山田町教育委員会、1979年)、839-840頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 土佐古今の地震 死者
NO.
高知107

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震があり、被害は死者372人、傷者180人、焼失家屋2,500軒、流失家屋3,200余軒、潰家3,000余軒... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起こった。火災により中ノ丁のほとんど全部と本町、上町、京町、新町の一部で89戸が被害を受けた。「中村魚市場記... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝辰の刻に強震があり、津波が起こり、第二震があった。第二震の時の津波が高く、立田近くまで押し寄せてきたという。5日夕方申... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日にわたり大地震が起こった。県内一帯で大きな被害を受け、死者277人、焼失家屋2,056戸、倒壊家屋2,351戸と言... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日辰の刻に強震があり、津波が起こり、第2震があった。第2震の時の津波は高く、立田近くまで寄せてきたという。立田村の人々は山... 続きを読む