昭和38年の長雨

災害年月日
1963年05月00日
市町村
高知県佐川町
災害種類
その他(長雨)  
概要
昭和38年(1963)5月中旬から7月下旬にわたる2ヶ月余の長雨により、麦の刈り取り・乾燥ができず、ほとんどは田んぼに立毛のまま腐り枯れてしまったので、田んぼで雨間を見て焼却する煙が連日村中に流れ、収穫は皆無であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
佐川町史編纂委員会編「佐川町史 下巻」(佐川町、1981年)、652-653頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
長雨
NO.
高知1933

よく似た災害

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)初夏、長雨が2ヶ月間にわたり、収穫期の麦の刈り取り、乾燥ができず、腐った麦を田んぼで焼却したため、村々の空は連日煙で覆われた。収... 続きを読む

天保8年の長雨

天保8年(1837)夏から降り続いた長雨により、田畑の立毛は残らず腐り、翌9年は未曾有の大飢饉となった。 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)5月~6月、長雨が続いた。特に5月の麦収穫直前から連続降雨が一週間以上に及び、刈り倒した麦穂が乾燥しないうちに降り始めるため、脱... 続きを読む

明治42年の増水

明治42年(1909)4月、雪どけ水で川がやや増水し、満員の渡し船が転覆し、船頭もろとも17人が渦巻く濁流にのまれてしまったという。(「井川町誌」によ... 続きを読む

昭和38年の長雨

昭和38年(1963)4月から連日の雨や霧により、麦作では穂腐りと赤かび病が大発生し、5月中旬からは連続して豪雨に見舞われた。さらに台風2号・3号の余... 続きを読む