明治19年の台風

災害年月日
1886年09月10日
市町村
高知県佐川町
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)9月10日、大暴風雨により、家屋の倒壊、巨木の倒木も多く、山は枯枝の葉で赤く見えたという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
明神健太郎編「尾川の郷土誌」(佐川町誌編纂委員会、1956年)、150頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
高知1946

よく似た災害

明治19年の台風

明治19年(1886)、大暴風雨により、佐川で潰家43戸、半壊31戸、負傷4人、斗賀野で潰家38戸、半壊20戸、死者1人、負傷3人、尾川で潰家8戸、半... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、大暴風雨により、家屋の倒壊33戸、死者1名、倒木多数などの被害が出て、2、3日後、この倒木の枯れ葉のため山は赤く見え... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)5月中旬より大日照りとなり、黍作は枯れ、畑作は皆無となり、野山の草木まで赤くなり、人々はつるいもを植えることができなかった。旧7... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月、暴風雨により家屋の倒壊2、3棟。土陽新聞によると、今井地区では平水よりも1丈2尺(3.6m)増水したという。 続きを読む

天保2年の地震

天保2年(1831)、京都大地震、半田では行灯の火が消えたという。(ただし、半田町では地震により大きな被害を受けたという記録はない。) 続きを読む