明治40年の大雪

災害年月日
1907年02月11日
市町村
高知県佐川町
災害種類
雪害  
概要
明治40年(1907)2月11日朝、大雪により平地でも1尺の積雪があり、竹やぶの竹はほとんど折れた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
明神健太郎編「尾川の郷土誌」(佐川町誌編纂委員会、1956年)、151頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
高知1955

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日、大雪が降り、積雪は平地で1尺となり、竹やぶの多くは折れた。 続きを読む

昭和36年の大雪

昭和36年(1961)1月3日、池田で15cmの積雪があり、気温も零下4~1度(県農試池田分場調べ)で凍りついて解けず、バスもほとんど止まった。(「徳... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日、大雪により、平野部で47cm、山間部で54cmの積雪があり、農作物に被害を与えた。 続きを読む

昭和9年の大雪

昭和9年(1934)、春、日土で1日に60cmの積雪があり、川の水が凍った。 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月10日11時頃から雪が降り始め、11日朝の積雪は林村で60cm、旧市街で20cmに及んだ。(「高松市史年表」による) 続きを読む