大正15年の洪水

災害年月日
1926年07月00日
市町村
高知県佐川町
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月夜、大洪水により、出水は駅前の路面上1尺に達し、人家は床下浸水した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
明神健太郎編「斗賀野村史」(斗賀野村教育委員会、1954年)、182頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
高知1985

よく似た災害

昭和15年の洪水

昭和15年(1940)8月午後2時頃、洪水により、出水は二ノ部の役場前の路面上で1尺に達し、川に沿う稲田の裏打ちは幅2間に及び数年間復旧できなかった。... 続きを読む

文化10年の洪水

文化10年(1813)4月12日、潮江川の洪水により、唐人町の人家は床下浸水した。燧袋には「夜潮江川洪水惣出より二尺高く、唐人町人家座上へ上がる」と記... 続きを読む

大正7年8月の洪水

大正7年(1918)8月29日、30日、大正7年の大水と言われる大洪水があった。浸水家屋341戸、避難した家10戸、流出家屋17戸、倒壊家屋6戸。 和... 続きを読む

大正15年の洪水

大正15年(1926)7月6日午後2時から降り出した豪雨は、7日深夜に最も激しくなった。このため、浅川、蒼社川の2支流が氾濫して、別宮・今治校区の約5... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日の大暴風雨は、942.4ミリの雨を降らせ、大洪水により、人家を流し、田畑を荒らし、人命を多数奪った。 続きを読む