明治40年の大雪

災害年月日
1907年02月11日
市町村
高知県佐川町
災害種類
雪害  
概要
明治40年(1907)2月11日、大雪が降り、積雪は平地で1尺となり、竹やぶの多くは折れた。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
明神健太郎編「斗賀野村史」(斗賀野村教育委員会、1954年)、183頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪
NO.
高知1997

よく似た災害

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月11日朝、大雪により平地でも1尺の積雪があり、竹やぶの竹はほとんど折れた。 続きを読む

昭和28年の大雪

昭和28年(1953)2月21日未明から雪となり、夕刻まで続いた。山地の多雪地で30cmくらい、平地でも10cm程度となった。このため、通信交通に若干... 続きを読む

昭和28年の大雪

昭和28年(1953)2月21日未明から雪となり、夕刻まで続いた。山地の多雪地で30cmくらい、平地でも10cm程度となった。このため、通信交通に若干... 続きを読む

昭和28年の大雪

昭和28年(1953)2月21日未明から雪となり、夕刻まで続いた。山地の多雪地で30cmくらい、平地でも10cm程度となった。このため、通信交通に若干... 続きを読む

明治40年の大雪

明治40年(1907)2月、大雪のため、中野付近の平地で2尺以上の積雪となり、山林農作物の被害甚大。 続きを読む