安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県高知市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月4日朝小震あり、翌5日午後4時頃大地震が起こり、国中被害を受けないところはなかった。特に高知及び江廻の諸村の損害が最も烈しかった。ついで津波が来襲して、潮江新町、下知、比島、田辺島、新木、高須、葛島等一面の大海となる。海上は人家、諸道具が散乱、漂流し、津波は数度に及び、北町は野原になり、新町は水中に沈んだ。鷹匠町水門の老万人喜久助の震度記録によれば、地震当日から翌年12月に至る1年間に、大震12回、中震110回、小震695回である。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高知市立潮江図書館運営委員会「潮江村誌」(高知市立潮江図書館運営委員会、1991年)、40-41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政地震 津波 喜久助の震度記録
NO.
高知115

よく似た災害

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日辰の下刻(午前9時)、小震あり、その後八ツ時(午後2時)までに3回の干満あり。この夜小震3回に及ぶ。5日七ツ過ぎ(午後4... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日から5日夜にかけて大地震があり、徳島城下と勝浦郡小松島浦村で大火事が発生し、県南の沿岸地方では津波の大被害を受けた。小松... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日大地震津波があり、地震16ヶ国、津波14ヶ国に及び、翌5日大地震は30余国に及んだが、宝永の地震の経験から被害は少なくて... 続きを読む

安政元年の地震による火災

安政元年(1854)11月、安政大地震による火災のため、本町17戸、本新町30戸、上町18戸、東町6戸、中新町13戸、今新町5戸焼失。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日午前9時頃地震が起こったが、気にするほどのものではなかった。翌5日は晴れ渡り、風もない静かな日であり、人々は刑部籔三社大... 続きを読む