嘉永2年の洪水

災害年月日
1849年08月27日
市町村
高知県日高村
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月10日、大水により、「江尻の井流(ゆな)」と呼ばれる樋門が流亡した。日高村本郷父原のお宅の床板裏面には「嘉永弐乙酉七月十日大洪水有此家座より壱尺六寸上ル」と書かれていた。このお宅は相当な高地にあるため、日下全村が大海原化したことは疑う余地がない。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
日高村史編纂委員会編「日高村史」(日高村教育委員会、1976年)、439頁及び451-454頁及び460頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 江尻の井流 床板の記録
NO.
高知2024

よく似た災害

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月8日~10日、豪雨のため国内の河川からあふれて大水となった。「酉の水」または「阿房水」と呼ばれた。この水害については「三好郡志... 続きを読む

嘉永2年7月9日の洪水

嘉永2年(1849)7月9日、洪水により、仁淀川の堤防は吾川郡側では新川付近等数箇所で決壊したが、高岡側も決壊した。土佐市高岡町井関の広楽寺の過去帳に... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)8月、暴風、大洪水、市中内、船廻り来る。水は座より1尺揚がる。風は荒れし、雨は暴し、下田損浜切れ居ると聞く。(「上岡利太郎手記」に... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月9日、仁淀川の大洪水により、越知下渡しの家で床上1m位まで水位が上昇し、家の中に大舟を引き入れて家財道具を運んだと伝えられてい... 続きを読む

嘉永2年8月の洪水

嘉永2年(1849)8月26日、大風雨、夜に入れても止まず出水。27日8時よりまた大風雨となり、4年前の丙午の年と同様に北東風強く、樹木を吹き倒す。2... 続きを読む