天明3年7月の風雨

災害年月日
1783年08月00日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  
概要
天明3年(1783)7月、風雨により、潮江天神宮の堤防切れて人家4軒流失した。御侍中惣出になる。(「皆山集」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、282頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 潮江天神宮 堤防決壊 皆山集
NO.
高知2126

よく似た災害

元禄16年の風水害

元禄16年(1703)8月18日、風水。平尾文庫-玉仙院様御行状記には「大風、国分川筋洪水、処々堤防切れ大津介良辺まで人家に押込み、八幡村にて家2軒流... 続きを読む

元文4年の洪水

元文4年(1739)、風水。南路志には「高知洪水、真如寺橋南側切れ潮江村にて人家20軒流」と記されている。 続きを読む

享保15年の風雨

享保15年(1730)7月25日、大風雨により、香東川の堤が切れて、大野八幡宮の境内まで水浸しになり、民家5、6件が流失した。洪水の余流は高松の御城下... 続きを読む

享保6年の風雨

享保6年(1721)7月15日、大風雨により所々堤防切れ。(「国府叢書」による) 続きを読む

享保7年6月の風雨

享保7年(1722)6月23日、強風雨により蒼社川他所々で堤防切れる。損亡8,008石余、572町余砂入、潰家480軒、倒木65本。(「今治拾遺」によ... 続きを読む