宝永4年の地震

災害年月日
1707年10月28日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
地震・津波  
概要
宝永4年(1707)10月4日、大地震。土佐国では大潮、伊予道後温泉は没して出なくなった。(別枝の中越律氏所蔵の「宝永年中大地震筆記写」による)また、土佐国の被害は、流家11,170軒、潰家4,866軒、破損家1,742軒、死人1,844人、流死牛馬542匹、流失米穀24,142石、濡米16,742軒、流失塩480石、流失鰹節50万8千、流失・破損船368艘、流失材木54,600本、損田45,117石余、流失板橋188箇所等であった。(中越律氏所蔵の「宝永四丁亥十月四日大地震ニ付、大塩流失大破損覚」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史」(仁淀村、1969年)、406頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 津波 道後温泉 宝永年中大地震筆記写 死者
NO.
高知129

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、大地震。土佐国では大潮、伊予道後温泉は没して出なくなった。(別枝の中越律氏所蔵の「宝永年中大地震筆記写」による)また、... 続きを読む

宝暦7年9月の風雨

宝暦7年(1757)9月5日、風雨、洪水。(別枝の中越律氏所蔵の記録による) 続きを読む

宝暦7年7月の風雨

宝暦7年(1757)7月26日未の下刻(15時)、大風雨により佐川、近郷諸村で被害大、斗賀野で潰家800余。(別枝の中越律氏所蔵の記録による) 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日未の刻(午後2時)、大地震が起こった。万変記によると、「大地2、3尺に割、水湧出、山崩、人家潰事将棋倒を見るが如し」であ... 続きを読む

宝永4年の地震

image

宝永4年(1707)10月4日の大地震により、碇神社が遷座した。碇神社所蔵の棟札には「宝永四年(一七〇七)十月四日大地震以後高汐満就中宝永五年八月三日... 続きを読む