嘉永2年の台風

災害年月日
1849年08月26日
市町村
高知県いの町(伊野町)
災害種類
風水害  
概要
嘉永2年(1849)7月9日より11日まで、暴風雨、大洪水により、大川筋(仁淀川筋)では弘岡、高岡、塚地、蓮池、伊野、波川の堤が決壊して、馬の流死千匹ほどに達した。(「池川年代記」による)7月11日、土佐国大風、大雨ありて仁淀川は大洪水となる。伊野村では人家800戸のうち600戸が水害にかかり、さらにそのうち154戸が流失した。また、16人が流死、牛馬12匹が溺死、堤防決壊は30箇所に及んだ。この年の大洪水は酉年の大水として語り継がれている。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、285-287頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 仁淀川 堤防決壊 死者 酉年の大水
NO.
高知2164

よく似た災害

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月9日から大水となり、仁淀川堤防は吾川郡側と高岡側で決壊し、高岡町井関の広楽寺の過去帳には寺板敷より5、7寸上がり、家2軒が流れ... 続きを読む

嘉永2年7月11日の洪水

嘉永2年(1849)7月11日、仁淀川大洪水、伊野村人家800戸のうち600戸が被災、うち154戸が流失、16人流死、堤防は30箇所決壊、内問屋坂堤は... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月9日、洪水により、損壊家屋池川郷内27戸。7月11日、伊野村で人家600戸が被災、うち154戸が流失、16人流死、堤防30箇所... 続きを読む

嘉永2年の台風

嘉永2年(1849)7月9日から大しけで、10日夜四つ半(23時頃)からの大水となり、寺坂敷より5.7寸上がり、家が2軒流れた。(「広楽寺の過去帳」に... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月9日、仁淀川の大洪水により、越知下渡しの家で床上1m位まで水位が上昇し、家の中に大舟を引き入れて家財道具を運んだと伝えられてい... 続きを読む