明治17年の台風

災害年月日
1884年08月12日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月12日、台風が九州中部から清水と潮岬をかすめた。8月25日、台風が九州中部より周防灘に進み、死者1,798人。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、288-289頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 高知県災害異誌
NO.
高知2198

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、台風が九州中部から周防灘に進んだ。森村史には「九ツ時(12時)大時化、家田畑被害」と、中村町資料には「大風雨少し添う... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、台風が九州中部から周防灘に向い、越知村では午後6時から10時頃まで暴風が続き、全倒6戸のほか、瓦を吹き飛ばされる家は... 続きを読む

明治19年8月の台風

明治19年(1886)8月20日、台風が宮崎に上陸し、北九州から北東に進み、暴風雨、洪水。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が九州南部を通過し、三崎半島に上陸し、東に進み、香川県に入り北上して日本海に去った。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風が九州南部を通過し、三崎半島に上陸し、東に進み、香川県に入り北上して日本海に去った。(「愛媛県史概説」による) 続きを読む