明治24年の台風

災害年月日
1891年09月14日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治24年(1891)9月14日、台風が長崎に上陸後、日本海に抜ける。(「高知県災害異誌」による)暴風雨甚だしく、稲作はほとんど皆無となり、種籾にも苦しむ程になった。(「明治年代記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、290頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高知県災害異誌 明治年代記
NO.
高知2203

よく似た災害

明治23年の洪水

明治23年(1890)、寅年の洪水により、南島新車と柳島外萩の堤防80間が決壊し、中野島村が全村水中に没し、南島、岡、中原はほとんど荒れ地になり、稲作... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)8月30日、前日来の暴風雨により、那賀川、岡川が氾濫し、那賀川筋は横見で120間、柳島で100間、岡川筋は柳島南別当で30間にわた... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月18日、枕崎台風。徳島県では17日昼過ぎから南東の暴風が激しく、午後9時過ぎには風速29.3mを記録し、その後日本海に出た。... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、前年と同様に大日照りで、諸作物は日焼けとなり、不作となった。黍作は皆無となった。旧8月11日に大風が吹いて、少々残っていた黍作... 続きを読む

大正11年の干ばつ

大正11年(1922)、干ばつのため、一宮村、三名村、鹿角村の三か村のほとんどの水田が収穫皆無となった。 続きを読む