明治27年の台風

災害年月日
1894年09月11日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
明治27年(1894)9月11日朝、台風が宮崎海岸を北上して米子に抜けた。雨量は越知で313ミリに達し、仁淀川洪水により被害甚大。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、291頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 仁淀川 高知県災害異誌
NO.
高知2205

よく似た災害

明治41年の台風

明治41年(1908)8月10日、台風が土佐沖を通過した後、小低気圧が停滞し大雷雨になった。雨量は越知で398ミリ、伊野で204ミリに達し、11日夜ま... 続きを読む

昭和34年の台風6号

昭和34年(1959)8月8日、台風6号が四国の南端をかすめた。6日~8日の雨量は越知で675ミリ、長者で653ミリ、池川で574ミリとなり、仁淀川は... 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風により、雨量は長者で607ミリ、池川で432ミリに達し、仁淀川は大洪水となった。県内の死者は17人であった。... 続きを読む

明治28年の台風

明治28年(1895)8月22日、台風が須崎に上陸して北上。8月24日、台風が鹿児島桜島を通り北九州へ北上した。雨量は越知で245ミリに達した。このほ... 続きを読む

明治27年の台風

明治27年(1894)朝、台風が宮崎海岸を北上して米子に抜けた。雨量は越知で313ミリに達し、仁淀川が大洪水で、被害は大であった。 続きを読む