明治30年の台風

災害年月日
1897年09月29日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
明治30年(1897)9月29日、台風が熊本付近に上陸し、四国北部を東進した。3日間の大雨のため出水。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、292頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 洪水 高知県災害異誌
NO.
高知2207

よく似た災害

明治16年の台風

明治16年(1883)9月12日、台風が土佐沖を北東進して暴風雨。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1903)9月7日、台風が宮崎に上陸して北進し、山間地に被害があった。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

弘化3年3月の大雨

弘化3年(1846)3月、大雨により度々出水。(「高知県歴史年表」、「渡川史」、「高知県災害異誌」、「池川年代記」による) 続きを読む

明治20年の台風

明治20年(1887)10月7日、台風。10月20日、豪雨。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

明治18年7月の台風

明治18年(1885)7月1日、台風により、暴風雨、出水。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む