大正8年の豪雨

災害年月日
1919年08月01日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
大正8年(1919)8月1日から4日にかけて、豪雨となり、洪水となった。(「仁淀村史」、「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、294頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 仁淀村史 高知県災害異誌
NO.
高知2215

よく似た災害

昭和2年の豪雨

昭和2年(1927)8月26日から27日まで豪雨が続き、日雨量は仁淀川上流で600ミリになった。吾川郡、高岡郡では明治23年(1890)以来の洪水と言... 続きを読む

寛政11年の洪水

寛政11年(1799)8月19日、洪水。(「高知県災害異誌」、「仁淀村史」による) 続きを読む

享保7年の洪水

享保7年(1722)6月23日、梅雨期に続いて大洪水となり、高岡郡別枝村で山崩れがあり。7月10日にも大風水。この年飢饉。(「渡川史」、「高知県災害異... 続きを読む

建長6年6月の豪雨

建長6年(1254)6月18日、俄かに雲立騒ぎ荒雨、大雷する。19日、また雷雨あり、21日神雨、神雷光とどろく。(「池川年代記」、「仁淀村史」、「高知... 続きを読む

昭和13年の7月の洪水

昭和13年(1938)7月28日から8月2日にかけて、大雨により、雨量は大野見で800ミリ、長者で600ミリとなり、仁淀川は洪水となった。(「高知県災... 続きを読む