昭和7年の洪水

災害年月日
1932年09月08日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部をとおり、伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が出た。伊野の雨量は328ミリ。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、296頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 低気圧 高知県災害異誌
NO.
高知2220

よく似た災害

昭和7年の洪水

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通って北東進したため、局地的に大雨となった。伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が発生し、久万川、鏡川が氾... 続きを読む

昭和7年の大雨

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通って北東進したため大雨となり、伊野周辺の宇治、高知等で久万川、鏡川が氾濫して洪水被害。各地の雨量は伊... 続きを読む

昭和7年の大雨

昭和7年(1932)9月8日、低気圧が四国西部を通り、伊野周辺の宇治、高知等で洪水被害が出た。雨量は桑尾で340ミリ、伊野で328ミリ、大野見で321... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月18日、台風5号が九州を横断して宿毛、宇和島間に再上陸した。17日~18日の雨量は長者で469ミリとなり、死者4人の被害が出... 続きを読む

明治35年9月の台風

明治35年(1902)9月7日、台風により、梼原の降雨量は448ミリ。県西部で洪水被害。(「高知県災異誌」による) 続きを読む