昭和8年の屋島丸台風

災害年月日
1933年10月20日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和8年(1933)10月20日、屋島丸台風が四国を縦断し、姫路に抜けた。須磨沖で屋島丸(946トン)が沈没し、66人が遭難した。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、296頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
屋島丸台風 死者 高知県災害異誌
NO.
高知2221

よく似た災害

昭和8年の屋島丸台風

昭和8年(1933)10月20日、台風が宮崎を通り、姫路付近に抜けた時(13時頃)、須磨沖で屋島丸が沈没し、乗員・船客の約半数(行方不明合わせて66人... 続きを読む

昭和8年の屋島丸台風

昭和8年(1933)10月20日、台風が宮崎を通り、姫路付近に抜けた時(13時頃)、須磨沖で屋島丸が沈没し、乗員・船客の約半数(行方不明合わせて66人... 続きを読む

昭和8年の屋島丸台風

昭和8年(1933)10月20日、台風が宮崎を通り、姫路付近に抜けた時(13時頃)、須磨沖で屋島丸が沈没し、乗員・船客の約半数(行方不明合わせて66人... 続きを読む

昭和8年の台風

昭和8年(1933)10月、台風により、瀬戸内海で屋島丸が沈没した。 続きを読む

昭和7年の強風

昭和7年(1932)3月16日、西よりの強風が吹き、風浪高く、仲多度郡白方村沖で機船(49トン)が沈没し、16人が溺死した。また、三豊郡豊浜町沖では帆... 続きを読む