昭和9年の室戸台風

災害年月日
1934年09月21日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸した。県内の雨量は長者で364ミリ、名野川で339ミリ、別府で295ミリに達し、県内の被害は死者・行方不明者122人、負傷者508人、住家の全壊879戸、半壊1,382戸に及んだ。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、296頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
室戸台風 死者 高知県災害異誌
NO.
高知2222

よく似た災害

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸した。雨量は長者364ミリ、名野川339ミリ、別府295ミリとなり、県内の被害は死者・行方不明... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月、室戸台風により、被害は死者37人、負傷者345人、行方不明2人に及んだ。岩津上流流域平均2日雨量は216ミリであった。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利に上陸し、県内の死者・行方不明122人、家屋の全壊1,956戸、半壊2,565戸、流失923戸の被害が... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風のため、香川県の被害は死者18人、行方不明1人、負傷者30人、家屋の全壊938戸、半壊728戸、浸水3,315... 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風が奈半利町に上陸して、徳島を通り阪神方面に抜けた。高知県内の死者・行方不明者122人、傷者508人に及んだ。 続きを読む