昭和25年の台風17号

災害年月日
1950年08月13日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和25年(1950)8月13日、台風17号が足摺岬を経て沖の島付近を通過したため、漁船が被害を受けた。(「高知県災害異誌」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、298頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 高知県災害異誌
NO.
高知2230

よく似た災害

昭和25年の台風17号

昭和25年(1950)8月13日、台風17号が足摺岬を経て土佐沖の島付近を通過した折、豊後水道に出漁していた漁船が被害を受けた。被害は死者1人、負傷者... 続きを読む

昭和13年7月3日の豪雨

昭和13年(1938)7月3日から5日かけて、梅雨前線上を低気圧が通過したため、豪雨があり、災害を受けた。宇和島の降水量は90ミリに達した。 続きを読む

大正元年10月の台風

大正元年(1912)10月2日、台風が四国沖を通過したため、大雨。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む

大正14年の台風

大正14年(1925)9月17日、台風が瀬戸内海を通り、無類の大雨被害が出た。死者40人。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

昭和40年の台風23号・24号

昭和40年(1965)9月10日、台風23号が高知県安芸市に上陸し、若狭湾に抜けた。また、9月16日、台風24号が四国の南を通過し志摩半島に上陸し、小... 続きを読む