昭和25年台風29号

災害年月日
1950年09月13日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和25年(1950)9月13日、台風29号が志布志湾に上陸し、九州を縦断した。12日の雨量は長者で317ミリで、死者7人となった。(「高知県災害異誌」、「高知新聞)による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、298-299頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 高知県災害異誌 高知新聞
NO.
高知2231

よく似た災害

昭和10年8月の台風

昭和10年(1935)8月28日、台風が清水付近に上陸した。25日~28日の雨量は長者で538ミリ、名野川で378ミリで、死者は吾川郡で2人、高岡郡で... 続きを読む

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日、台風が土佐湾西岸沿いを北東進した。10日の雨量は名野川で430ミリ、別府で418ミリ、長者で299ミリで、死者10人... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月18日、台風5号が九州を横断して宿毛、宇和島間に再上陸した。17日~18日の雨量は長者で469ミリとなり、死者4人の被害が出... 続きを読む

昭和31年の台風12号

昭和31年(1956)9月9日、台風12号が九州西方のコースを通った。7日~9日の雨量は長者で768ミリ、池川で634ミリとなり、仁淀川は大洪水となっ... 続きを読む

昭和10年9月の台風

昭和10年(1935)9月24日、台風が四国西岸沿いに北上した。23日の雨量は名野川で368ミリ、長者で327ミリ、別府で290ミリで、仁淀川は大洪水... 続きを読む