昭和45年の集中豪雨

災害年月日
1970年07月08日
市町村
高知県仁淀川流域
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)7月8日、梅雨前線が活発化し、集中豪雨となった。土佐市では農業用水路(鎌井田筋)のゲートの故障で田井、八幡、吹越などの民家に浸水した。雨量は伊野成山で288ミリ、佐川で192ミリ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、303頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 梅雨前線
NO.
高知2248

よく似た災害

昭和46年7月の集中豪雨

昭和46年(1971)7月8日、県下で集中豪雨となり、南国市で300ミリを記録した。香宗川の増水で野市町、香我美町の民家約80戸が床下浸水、水田10h... 続きを読む

昭和47年9月の集中豪雨

昭和47年(1972)9月15日午後より、南国市北部では集中豪雨により、笠ノ川川、国分川が氾濫し、堤防は至る所で決壊、越水した。このため、岡豊町笠ノ川... 続きを読む

昭和62年7月の集中豪雨

昭和62年(1987)7月14日夜から15日未明にかけて、台風5号による集中豪雨のため、県内の中央山間部で大雨が続いた。夜に入って雨脚はますます激しさ... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)6月7日、梅雨前線に伴う集中豪雨で、須崎市で床上浸水18戸、床下浸水168戸などの被害が出た。特に押岡では数十年ぶりの大洪水とな... 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日、集中豪雨により、全壊家屋が安田6戸、草壁3戸、苗羽2戸、床下浸水1,700戸などの被害が出て、内海町に災害... 続きを読む