昭和49年の台風18号

災害年月日
1974年09月09日
市町村
高知県
災害種類
風水害  
概要
昭和49年(1974)9月9日、台風18号が枕崎に上陸後、急速度で九州南部を横断して宇和島市に再上陸した。その後、熱帯低気圧になって土佐沖に抜けた。高知市、伊野町で各100戸を超す浸水があり、土佐町、大豊町では住家が倒壊して死者が出た。国道32号、33号は寸断された。(「高知新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、305頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 国道32号寸断 国道33号寸断
NO.
高知2258

よく似た災害

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町に上陸し、四国を縦断し日本海に抜けた。仁淀川が氾濫し、宇佐で床上浸水739戸の被害が出た。土佐市、... 続きを読む

昭和45年の台風2号

昭和45年(1970)7月5日、台風2号が紀伊半島に上陸、大阪湾を経て日本海に抜けた。川島町では住家一部損壊2戸、床下浸水6戸、田冠水90ha、畑冠水... 続きを読む

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月29日、台風23号が最大級の規模に発達して鹿児島県大隅半島に上陸後、足摺半島に再上陸して海岸沿いに東進し、南国市に再々上陸後... 続きを読む

明治25年7月の台風

明治25年(1892)7月23日、台風が高知市付近に上陸して北西進して島根県に抜けた。(「高知県災害異誌」による)伊野町加茂の吉井源太翁の日記によると... 続きを読む

昭和45年の台風9号

昭和45年(1970)8月14日~15日、台風9号が長崎市に上陸、山陰を斜断、日本海に抜けた。川島町では床上浸水2戸、床下浸水4戸、田冠水60ha、農... 続きを読む