延享2年の大火

災害年月日
1745年12月28日
市町村
高知県須崎市
災害種類
火災  
概要
延享2年(1745)12月6日、古市御分一処(現在警察署付近)弥五八方より出火。浜町の大部を焼き、庄屋役所付近まで197軒を焼失。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史」(須崎市、1974年)、985頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 浜町
NO.
高知2296

よく似た災害

明治25年の大火

明治25年(1892)3月15日、南八坂町より出火、50余軒を焼失する大火となった。 続きを読む

享保12年の大火

享保12年(1727)2月1日午後、小高坂村越前町から出火し、たちまち東方に延焼し、火は城中の本丸、二の丸、三の丸など城楼全てを焼失し、侍屋敷250軒... 続きを読む

大正14年の大火

大正14年(1925)4月1日、星ヶ城付近より出火、山林60haを焼失。近来稀な大火であった。 続きを読む

天明元年の大火

天明元年(1781)4月9日丑刻、東浦民家より出火、273戸を焼き、翌10日巳刻鎮火。 続きを読む

大正14年の大火

大正14年(1925)4月1日、星ヶ城付近より出火、山林60haを焼失、各地消防団が出動した。(「町史年表」による) 続きを読む