安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県佐川町
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日午後5時頃から、大地震が起こり、人畜、家屋にも多数の被害が出た。地震から3日目の7日夕刻にどこからともなく山を越えて大津波が押し寄せてくるとの流言が伝わった。人々は少しでも高いところへと登ったため、山々の尾根や頂には無数のたいまつが行列をなしたという。やがて津波はうそだという声に、人々は下山して帰宅したところ、家財道具が盗まれていた家が多かった。これは安政の津波強盗と言われているが、流言がどのように一瞬のうちに広がったのかは後世の謎とされた。
地理院地図
Googleマップ
備考
斗賀野の入寺山の阿弥陀堂には、安政地震の時の様子を描いた絵馬がある。
参考画像
参考文献
明神健太郎編「佐川郷史」(明神健太郎、1972年)、444-446頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 流言 津波強盗
NO.
高知145

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時大地震が起こり、午後5時頃大津波があり、人々は西福寺や岡地の藪の中に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛ぶ鳥... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時頃、大地震が発生した。午後5時頃から大津波が打ち寄せ、人々は山辺の藪地に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛... 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月、大地震が起こった。余震が続く中、南の尾根や峠を越えて大津波が佐川の盆地に襲うという流言が伝わり、狼狽した村人は食料、家財を... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、大地震があった。今日に伝えるところでは、震動は数日に及び、人心は安まらず、人々は竹やぶに仮小屋を設け、夜具、炊事用品を運んで一家... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日、大地震と津波。「立田村誌」によると、4日では第二震の時の津波が高く、立田近くまで押し寄せてきたため、人々は山田方... 続きを読む