明治23年の洪水

災害年月日
1890年00月00日
市町村
高知県黒潮町(佐賀町)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)、洪水により堤防、井堰など損害が特に大きかった。当時は災害復旧は、自力で行っていたので、被害箇所の復旧に多くの労力を要し、農家は大きな痛手を蒙った。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
大塚政重著「佐賀町郷土史」(佐賀町教育委員会、1965年)、52頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水
NO.
高知2401

よく似た災害

昭和29年のローナ台風

昭和29年(1954)9月18日、ロース台風が襲来した。小松島港の高潮は58cm、降雨量は雲早山系で150ミリを超えた程度で、大きな被害はなかった。し... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月7日、川田川の毘沙門(川東北)の堤防が切れた。この堤防の復旧強化には多くの金と人を要したので、この堤防は「金食土手」と呼ばれ... 続きを読む

明治18年の洪水

明治18年(1885)5月7日、川田川の毘沙門(川東北)の堤防が切れた。この堤防の復旧強化には多くの金と人を要したので、この堤防は「金食土手」と呼ばれ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震により、勝浦町では段々畑のミカン園の石積みや、高台で石垣をめぐらした住宅等に被害が出たが、詳細な記録はな... 続きを読む

昭和50年の台風16号

昭和50年(1975)8月23日の台風6号は村内各地に大きな被害を及ぼした。8月16日から23日までの総雨量は1,348ミリに達し、家屋半壊2戸、道路... 続きを読む